大塚家具にいった感想

大塚家具
大塚家具に行ってきました(*゚∀゚)
その感想など。

大塚家具のニュースといえば「株主を巻き込んでの親子間の経営を巡る争い」とか「赤字」とかで明るいニュースはここんところないですが・・・
実際大塚家具に行くと、赤字が連続している企業にありそうな売り場のやる気の無さとか、オワコン臭のようなものは感じられず、むしろ広くて清潔で明るくて雰囲気のいい店内でした。


イケアやニトリに対抗して安めの品もラインナップする経営戦略だったと思いますが、パット見た限りは高級でこだわりのある家具はほとんどでした。
こちらとしても大塚家具に求めてるのはそこで、「いいもの欲しい」と思ったときにいろんなブランドを横断的に展示してあるのがメリットだと思う。


ということで、ちょっといいものを見たいという需要にはキッチリ答えてるし、大塚家具はそういう路線であってほしいなぁ、と個人的には思います。


【販売員について】
入り口で販売員をつけるかどうか聞かれることはなくなったとはいえ、1つの家具の前に5分くらいいると販売員が話かけてきます。
販売員の方は専門知識がすごくて驚嘆した・・・なんてことはなく、まぁ可もなく不可もなくという印象でしたけど押し売りしてくるようなオーラは一切なかったです。(安心w)


【ホームセンターとの比較】
ただ、帰りに島忠ホームセンター(シマホ)によってみると、こっちも意外に大塚家具に負けず劣らずな高級家具のラインナップもある。
島忠自体、ホームセンターというだけあって敷居が低いというかそんなに高価なものは置いていないだろうって思いきや全然バカにできない。
島忠がどれだけ業績いいのか、あるいは悪いのかは知らないけど、島忠はある程度大塚家具のシェア喰ってそうな気がしました。

この記事へのコメント